僕の私の昆虫飼育研究所

どーも、タイトルの通り昆虫飼育の研究(ちょっと大げさですが)をして、分かったことや珍しいことなどがあれば記入していきたいと思いますハイ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

真珠大角ハナムグリ

ハナムグリ

どーも、今回は小型ゴライアス、コルベイについて記入したいと思います。
この虫は別名シンジュオオツノハナムグリといわれており、本当に真珠のような色と光沢を放っています。
体長が100mmを越す大型ゴライアスと比べて45mmぐらいのかわいいゴライアスです。
ん~それにしてもキレイ  
128255893_1.jpg
コルベイの飼育は、けっこう難しくなかなか羽化までたどり着けないらしいです。
ゴライアス類はなぜか北海道の人はブリードするのが上手らしい
北海道の人がブリードするのが上手ということは、低温飼育の方がいいということでしょうか。
成虫の飼育はいたって普通のセットで、マットを押し固めなくてもいいみたいです。
幼虫は肉食性がつよいので、サプリメント(ドッグフード)をまぜて飼育するとかなり大きくなるようで、繭になったらなるべく乾燥させます。
僕は、サプリメントにフェレットのエサを使っています、値段も量も手ごろで、栄養もドッグフードよりかなり高いので成果に期待ができます。
ですが、まだ僕は羽化していないので羽化してから成果を報告したいと思います。


スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(3) ▲PageTop

ウガンダの宝石

カナブン

久しぶりの飼育日記っぽいものです。
最近ことごとくブンブンにはまってしまいました。
あの色、あのツヤ、あの形、どれをとってもはまってしまいました。
そして、とうとうウガンデンシス成虫とオーベルチュールの幼虫を買ってしまいました。
DGREEN-B.jpg

↑ちょうどこんな感じの綺麗色です。
 
ウガンデンシスは色にさまざまなバリエーションがあり、青、緑、紫、茶、黒、など色々なコーディングがあり、まさにウガンダの宝石です。その綺麗さはカブトムシに見慣れてしまうと、とても衝撃的です。
ウガンデンシスは今までに二回挑戦したんですけど、二回とも失敗しました。泣
こいつはどうやら近い亜種が存在するらしくトルクアータと言う白い模様がなく緑単色の近亜種が存在します。
ちなみにこいつ、入荷が難しいらしいです、こいつの生息地ウガンダは戦争やその他もろもろの関係で、輸入ができないらしいです。 複雑ナノネ
torukuE2998230031.jpg
↑ちなみにトルクアータ
こいつらの飼育はそれほど難しくないようです。じゃあ、なんで僕二回失敗したんだろ・・・
そんなことはさておき、本題にはいります。
カナブンは基本マルバネのように繭を作って羽化するので、その繭をいじらなければ、無事羽化するようです。でも、誘惑にまけて結局繭を割ってしまいます。(両端以外ならわってもいいみたいです)
この虫は蒸れに弱いので、繭を作ったら乾燥させることに注意すれば大丈夫です。
今セット中なので産卵に成功したらまた、更新したいと思います。失敗したら鬱です・・・

今写真がないので、オーベルはまた今度記入したいと思いますハイ。

*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop

マイナーマルバネ

マルバネ

まだ、デジカメが戻らないので、我が家のマイナーマルバネ(マキシムスマルバネクワガタ)についてまとめたいと思います。
Ne_maximus_maximus2.jpg

この、マルバネは最大70mmぐらいになる大型のマルバネです。
飼育は難しく、ものすごいクセがあるようです。ですが、産み始めると爆産するらしいです。
他のマルバネと飼育方法は同じのようで、完全にマット産みです。
幼虫のマット製作が難しく、クワガタが食べた発酵マットをさらに発酵させて微粒子にしたものを使います。
蛹は繭を作るため蛹になった後、繭を軽く乾燥させます、そして、なるべくさわらないようにします、繭を壊してしまうと羽化不全になりやすくなるので注意してください。

さらっと飼育方法はまとめましたが、うちのマルバネはまだ幼虫なので、羽化して分かったことがあったら、また記入したいと思います。
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop

昆虫トレーニング

ヒラタ

今日は昆虫トレーニング(ムシトレ)について話したいと思います。
カブトムシ、クワガタは鍛えることによって強くすることができるらしいです。
場所によってクワガタやカブトのトーナメントがあるらしいので、今日はムシを強くする方法をお教えしたいと思います。
jimsa4.jpg


クワガタやカブトの顎や間接には筋肉がありそれ自体を鍛える事が可能です。
まずは、虫を鍛える前にエサに注意します、トレーニングする前はタンパク質が多めのゼリーをあたえます。そもそもたんぱく質は筋肉を作る栄養であり、動物にとって一番大切な栄養といわれています。
そして、トレーニングが終わったあとアミノ酸の多めなゼリーをあたえます、アミノ酸はどの動物も共有疲労回復に一番いいとされています。ビール酵母をゼリーにつけることも効果的です。

そして、いよいよトレーニングです。このとき、成虫の足にマヒ、フセツ欠けなどがありましたら、その成虫はもう、バトルでは勝てないと思った方がいいです。
7-9_1.jpg


おもしろい話、虫にもモチベーションがあるらしく、負けてばかりいると、どんどん弱くなってしまい、逆に勝ち進んでいくと強くなるらしいです。
前にこんな事がありました、クワガタAが自分より体長の大きいクワガタBに負けてしまいました。
そして、負けてしまったクワガタAを毎日毎日違うクワガタと対戦させ、ずっと勝っていました、そして、しばらくしてからまた、負けってしまったクワガタBと戦わせ、勝つ事ができたらしいです。
なので、毎日戦わせるかませ犬的なクワガタも必要なのです。(ちょっと可愛そうですが・・・)
image141.jpg


いよいよ本格的なトレーニングはこれからです。
まず、顎の鍛え方です。大顎はクワガタの命ですので、大切に扱います。
やわらかいい木などを何回かはさませて大顎を鍛えます。この時けしてプラスチックなど固いものをはさませてはいけません、虫の顎の力が強いと顎が欠けたりしてしまうからです。

次に爪のトレーニングです、虫の顎や体に多少の重りをつけ、つかまれるような壁を登らせます。
重りは最初は軽い重りをつけ三日ペースぐらいで、だんだんと重くします。
虫トレーニングは夜行った方がいいようです。クワガタ カブトは夜行性なので、昼にやったりすると、ストレスになり寿命を早めてしまうことがあるからです。
43_3.jpg

このような、虫バトルには、バトルに向いている虫向いていない虫があります。一般ではヒラタクワガタ類が使われていますが、セアカフタマタなど、気が荒くても、体がスマートなので簡単にはさまれてしまいます、逆にアルギデスなどは、絶対はさまれないような気がしますが、アルギデスは性格がおとなしいので、戦わず逃げてしまうことがよくあります。
ですが、とても気の荒いアルギデスが相手の顎や角をバキボキに砕いている光景を見たことがあるので、ある意味最強かもしれません。

~知っておいた方がいい話~
クワガタやカブトは♀をゲットするために戦うことがほとんどなので、試合の前に♀のにおいをかがせておくと2倍近く強くなったのを覚えています。
ですが、この時けして交尾させてはいけません、一目瞭然弱ってしまうからです。

~よだん~
野生界でつよいカブトムシは決まって角を低く構えるそうです、なので、昆虫にも才能というものがあるのかもしれません。

*Edit TB(0) | CO(1) ▲PageTop

神秘のホソアカアラガール

ホソアカ

今日は、神秘的なホソアカクワガタ、アラガールについての紹介です。
体長は60mmぐらいで全身メタリックオレンジをした綺麗なクワガタです。
araga52mm0011.jpg
↑大歯形
アラガールは大体45mmぐらいから第一内歯というかっこいい顎がはえてきます、逆に30mmぐらいになってくると元の♂かどうかわからないぐらい顎に変化が出ます。
2007-06-04-2.jpg
↑少歯形

アラガールの飼育はメタリフェルの飼育と似ており、材にも産みますがやはりマットの方がよく産むようです。材は柔らかめの物を用意します、多少気が荒いので♀殺しも少なくはないようです。
幼虫はカワラで飼育することもできますが、マットの方が効率がいいようです。
ホソアカは温度が高いとすぐに羽化して小さくなってしまうので、温度は低めに飼育しましょう。

~アラガールに興味がわく話~
アラガールには第一内歯の真ん中にもう一本トゲのような内歯が発生することがあり、この状態を
スパー大歯形といいます、スーパー大歯形は野生でも数がすくなくとても高い値がついています
アラガールは40mm以下ぐらいになると内歯が消滅してしまうのでスーパー大歯形の血をもって
いても、きずかぬまま普通の値段で売られることになります。
もし、この血をもった成虫のブリードに成功し大型個体が出ればそれはまぎれもなくスーパー大歯
形です。これを飼育した本人は、ウハウハです。
なので、小さなアラガールでも大きな可能性があるということです。

この文を読みアラガールに少しでも興味を持っていただけたら光栄です。
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop


 プロフィール


 最新記事


 最新コメント


 最新トラックバック


 月別アーカイブ


 カテゴリ


 検索フォーム


 RSSリンクの表示


 リンク


 ブロとも申請フォーム


 QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。